コンテンツ

アドバンストクォーツ(最高級ボディガラスコーティング)

アドバンストクォーツは、一般的に言われる「ガラス系コーティング」とは全く異なります。

硬化後被膜が石英ガラス(SiO2)のみで組成される、いわば「ピュアガラスコーティング」で、完全無機のシリカガラスコーティングです。
完全無機質なので紫外線などによる劣化や酸化現象が起こらず、今までのコーティングとは比較にならない程の効果と耐久性を誇ります。また、加工はエアガンによる吹き付けでおこないますので、細部にわたってしっかりとコーティングすることができます。

磨き(下地調整)

磨き

磨き(下地調整)

コーティング前の磨き(下地調整)は大変に重要な工程です。
汚れやキズを見逃してうっかりコーティングしてしまうと修正がとても困難になります。

また、せっかく良いコーティングをしても効果が充分に発揮されません。塗膜の状態を良く確認して下地を整えます。

塗り込み

塗り込み

塗り込み

専用の温風塗装機で塗り込んでいきます。
エアーで吹き付けることによりコーティングの成分が微粒子となり、ボディの隅々までまんべんなく行き渡ります。

ボディだけでなく、ナンバープレートやヘッドライト、ホイールなどあらゆる所に加工でき、優れた保護効果が長期間持続します。

ホイール施工

ホイール施工

ホイール施工

車のホイールはとても過酷な状態に置かれています。
ブレーキパッドとの摩擦熱で高温になり、パッドのカスや汚れ等が焼き付いて取れなくなってしまいます。

加工後はこびり付きや焼き付きが軽減され、お手入れが劇的に楽になります。
※ホイール加工のみも承ります。

理想のコーティング剤『アドハンストクオーツ』

創業以来数多くのコーティングを試し、価格と効果のバランスがとれているものや、その時点でいちばん優れていると思われる商品を取り入れてきましたが、“個人的に納得できる”コーティングはなかなかありませんでした。

「アドバンストクオーツ」は、私がいままで出会ったものの中で間違いなくベストなコーティングです。
これは導入後7年経った今でも変わりません。
特にここ数年の間、ガラス(系)コーティング剤と呼ばれる商品が何十種類となく発売されては消えていっています。

全てを試したわけではありませんが、業界大手が発売した商品「G」を始め、主だったコーティング剤はテストしてきました。
しかし、結果はその謳い文句とはほど遠いものや、従来商品の延長線上にあるものばかりです。

また、新しい商品、珍しい商品が出るとすぐに乗り換えていく店もあるようです。
それも1つのやり方ではあるでしょう。しかし、プロテックスでは「これは」と思える商品をとことん追求していきます。

流行り廃りに惑わされず、本当に良い商品を提供し、お客様に喜んでいただきたいと考えています。
ただ、作業には手がかかりますし、他の商品と単純に料金だけを比較すると割高に感じられてしまうかも知れません。

しかし、それだけの価値がアドバンストクオーツにはあります。

一般的なコーティングの常識から言えば、加工直後、お客様にお車をお返しする時がいちばん良い状態で、時間の経過と共に効果や光沢が落ちていきます。
対してアドバンストクォーツは、加工直後より、むしろ3ヵ月後・・半年後・・1年後・・と、時間が経てば経つほどその良さや素晴らしさを実感していただけるる商品であると思います。

従来のコーティングの概念をも覆してしまったと言っても、決して過言ではありません。
永く、大切に乗りたい方には特におすすめしたいコーティングです。